夜行バストイレ

夜行バスのトイレ対策!予約時のチェックポイント

画像

2,3時間おきの休憩タイムがトイレタイム

 

高速バスは夜行便でも、2,3時間おきに高速道路のサービスエリアやパーキングエリアに停車して、15〜20分程度の休憩を取ります。

 

この休憩タイムは、長時間の運転で疲労がたまった運転手の休憩タイムであり、乗客にとってのトイレタイムでもあります。

 

夜行バスの場合は、バスに乗ってすぐに寝てしまい、朝まで起きないという方が大半を占めますが、中には、この休憩タイムにトイレに行く人もいます。

 

だいたいこのペースで休憩タイムがとれれば、トイレの心配はありません。

 

もし、お腹の調子が悪い人でしたら、水なしで飲める腹痛止めの薬を持ってゆくことをおススメします。

 

バスの走行中に腹痛を起こしたら、運転手に頼んで最寄りのサービスエリアなどに止めてもらうことはできますが、ご存知の通り、高速道路のサービスエリアは、あちらこちらにあるわけではないので、到着まで時間がかかります。

 

そんな時、こうした薬があると時間稼ぎができますよ!

 

 

安心を求めるなら、トイレ付のバスの予約を!

 

最近は、バスの車内にトイレが設置された車両が増えてきました。

 

乗車料金は、スタンダードタイプと比べてそんなに高くないので、利用者も多くなっています。

 

高速バスのトイレは男女兼用なので、女性が使うには、少し抵抗を感じるかもしれません。

 

しかし、各バス会社では、少しでもトイレを快適に使ってもらおうと、使い捨ての便座シートや消臭スプレーなど、さまざまなグッズをトイレに設置しています。

 

それでも気になるという女性の方は、トイレ付の女性専用車両を予約しましょう!

 

これで、トイレの心配は完全になくなります!

夜行バス予約するなら絶対おススメ!


 
TOP トイレはどうするの? 予約後の確認! おすすめバス会社