夜行バスアメニティーグッズ

夜行バスをさらに快適に!予約後にとる対策は?

画像

まずはバス会社が提供するアメニティーグッズをチェック!

 

夜行バスに乗ると、さまざまなアメニティーグッズが提供されます。

 

たとえば、からだに掛けるブランケットは、睡眠時の必需品ですし、座席を倒して寝るときは、枕が必要です。

 

また、夜行バスは長時間の乗車になるので、靴を履いたままだと足がムレますし、血行が悪くなって疲れがたまりますが、車内でスリッパに履き替えると、こうした問題は解決できます。

 

バス会社が提供するこうしたアメニティーグッズの内容は、バスの便、グレードなどによってさまざまですが、最低でも上記3点は必需品となります。

 

自分が乗るバスでどんなアメニティーグッズが提供されるかは、予約時にバス会社のサイトで確認できますので、必ずチェックしておきましょう!

 

そして、足りないアメニティーグッズがあったら、あらかじめ自分で用意しておくことをおススメします。

 

顧客サービスを重視しているバス会社でしたら、こうしたアメニティーグッズの提供は当たり前になっていて、このサイトで紹介している3つのバス会社では、追加のブランケットやアイマスクなどの提供もしている便があります。

 

 

さらに夜行バスを快適にする術とは?

 

夜行バスの車内は、かなり静かです。

 

聞こえてくるのはバスのエンジン音と高速バスを走る音だけで、うるさく感じることはなく、むしろ心地よさを感じます。

 

しかし、乗客の中でイビキがすごい人がいたら、快適さが損なわれてしまいます。

 

そんな時に便利なのは耳栓です。

 

耳栓をしていれば、イビキの不快音をかなりシャットダウンできるので、夜行バスに乗る時は、必ず持参しましょう!

夜行バス予約するなら絶対おススメ!


 
TOP トイレはどうするの? 予約後の確認! おすすめバス会社