夜行バス予約

夜行バス人気の秘密を徹底検証!

画像
画像

夜行バス予約するなら絶対おススメ!

夜行バスは本当に快適?予約から乗車、降車までを徹底チェック!

画像

利用者層が広がっている夜行バス

 

かつては、サラリーマンが出張の時に使う交通手段というイメージが強かった夜行バス。

 

しかしここ数年、異変が起こっています。

 

サラリーマンはもちろんのこと、観光地に向かう人や就職活動で移動する人、帰省に使う人など、さまざまな目的で利用されています。

 

最大のメリットは、乗車料金が圧倒的に安いことです。

 

新幹線の乗車料金と比べると、3分の1〜4分の1程度になりますし、バス会社のキャンペーンを利用すると、さらに値引きサービスが受けられます。

 

また、利用者の増加に伴って、東京、大阪、名古屋といった大都市の発着が中心だった夜行バスは、東北や北陸、中国、四国地方にまで便を増加するようになりました。

 

これによって、飛行機や特急列車などを乗り継いで向かわなくてはならなかった場所にも、夜行バス1本で行けるようになりました。

 

その代表的な都市が金沢です。

 

たとえば、東京から金沢まで行くには、飛行機と電車を使わなくてはならず、交通費は片道で25,000円ぐらいかかってしまいますが、夜行バスを利用すると、なんと4,000円程度になり、往復の交通費で計算すると40,000円以上も安くなるんです。

 

 

長い乗車時間を長いと感じないワケは?

 

どの便でも、他の交通機関の乗車料金より安い夜行バスですが、大きなデメリットがあります。

 

それは、乗車時間がめちゃくちゃ長いということです。

 

東京から大阪まで新幹線で行くと、乗車時間は3時間弱ですが、これが夜行バスになると8〜9時間もかかってしまいます。

 

東京から名古屋、仙台でも、新幹線だったら2時間で到着するのに、夜行バスだと5〜6時間もかかります。

 

この乗車時間だけを見たら、たとえ乗車料金が激安でも、疲労とストレスがたまりそうな夜行バスを敬遠してしまう人も多いでしょう。

 

ところが、実際に乗った人の話を聞くと、そのほとんどが

 

「乗車時間は短かった」

 

「疲れもあまり感じなかったし、快適だった」

 

と答えるのです。

 

そのワケは、走行中、乗客みんなが睡眠をとるからです。

 

夜行バスは、日付が変わる頃に発車して、翌日の早朝、目的地に到着します。

 

乗ってしばらくすると、車内の灯りは消され、会話や携帯などの使用が禁止されるので、車内はとても静かな空間になります。

 

さらに、座席は睡眠に最適な素材を使っていたり、アメニティーグッズが提供されたりしているので、疲れを感じることなく、朝まで熟睡できる人が多いようです。

 

 

快適さを左右する座席選び

 

さまざまなタイプの座席を搭載した車両を用意していて、座席のグレードによって乗車料金が変わるシステムになっています。

 

一番安いのは「スタンダードタイプ」の座席ですが、これよりワンランク上の座席で、座席や足元などのスペースが広く、リクライニングなどの角度が大きくなると、座り心地、寝心地が格段にアップします。

 

中には、低反発素材を取り入れた座席を設置していたり、4列タイプではなく、1席1席が独立している「3列独立タイプ」の座席もあるので、こうしたシートを利用すれば、自宅のベッドと変わらない寝心地を味わえます。

 

また、座席が個室のようなカプセル型のつくりになっていて、座り心地、寝心地がいいのはもちろんのこと、他のバスにはない設備が備わっていたり、VIP待遇のアメニティーグッズを提供してくれる車両まであります。

 

夜行バスの料金は、こうした超ハイグレードシートでも、他の交通機関より乗車料金が安いケースがほとんどなので、節約志向でスタンダードシートを利用するのもいいですが、次の日に疲れを残さないためにも、そして車内で過ごす時間を快適にするためにも、予約する時は、熟睡できる座席選びも念頭におきましょう!

 

 

安全性が問われている高速バス、どの会社を選ぶべき?

 

高速バス会社は、国が定めた厳しい法律に基づいて営業しており、全国各地に日中便や夜行便を運行しています。

 

しかし中には、コストを少しでも削るために、運転手に無理な運転を強いている会社もあります。

 

その結果が、運転手の疲労困憊、集中力低下を招き、時に、大事故を発生させています。

 

高速バスの運行は、昼間であれば500キロ、夜間であれば400キロの走行距離を超える路線であれば、運転手を2名体制しないといけないとされています。

 

また、発車前に運転手の健康状態のチェックはもちろんのこと、呼気にアルコールが含まれていないか、風邪薬などの眠気を誘う薬を飲んでいないかなど、厳しいチェックをすることも義務付けられています。

 

事故を起こしたバス会社の安全管理体制をみると、必ず、こうした点を軽視していて、乗客の安全より利益を優先しています。

 

こんな話を聞くと、これから予約しようと考えている人は、本当に安全なのかと疑ってしまいますよね?

 

しかし、このサイトで紹介している3つの会社は、こうした安全管理を徹底しているのはもちろんのこと、各社で独自の安全基準を作って、乗客の安全を完全に確保していることで名高いです。

 

安全運転で乗客に安心を与えているので、一度利用したら乗客がそれを体感し、また利用したくなるのです。

 

夜行バスでの移動を検討している方は、ぜひ、この3社の公式サイトにアクセスして、安心して予約してください!

夜行バスはなぜ安い?予約は取れる?

画像

安さと快適さを兼ね備えた夜行バス

 

ひと昔前の夜行バスは、座席が固かったり、リクライニングの角度が小さかったりと、長時間乗車するには快適とは言いがたい乗り物でした。

 

しかし最近では、乗客の満足度を高めるために座席は改良され、熟睡環境を整えるバス会社が増えました。

 

それに加えて、乗車料金がどんどん安くなってきたので、利用者が年々増加してきました。

 

さらに、国の規制緩和策で高速バス業界へ参入する企業が増えて、乗車料金の値下げ競争が激化しました。

 

今では、高速バスに関する法律が厳格化されたこともあり、会社の数は最盛期の半分ぐらいになっていますが、値下げ競争は相変わらず激しく、利用者にとってはうれしい限りの交通手段となっています。

 

乗客は、一度乗車して満足度が高かったら、同じ会社を利用する傾向にあります。

 

そのため、乗車料金だけではなく、車内の快適度をさらにアップして、リピーターを獲得しようとする会社が増えています。

 

こうした背景があり、乗車料金は安く設定されています。

 

 

「安かろう悪かろう」ではない?

 

乗車料金を安くする一方で、安全管理や人員の確保など、乗客の安全に関わる点をおざなりにする会社もあります。

 

たとえば、1人の運転手に長時間労働を強制して、運転手の疲労を蓄積させて、それが事故発生につながったケースもあります。

 

みなさんも、ニュースの報道などで高速バスの事故を耳にしたことはあるのではないでしょうか?

 

こうしたニュースが報じられると、すべての高速バスが危険な乗り物に思えてくるかもしれませんが、このサイトで紹介している3つの会社は、法律をしっかりと守って運行していて、自社の利益より乗客の安全、安心を優先しています。

 

格安の夜行バスを利用したいけど、どこの会社が安心できるのか分からないと悩んでいる方は、この3社から選んで便を予約すれば問題なしですよ!

夜行バスの安全性は?予約前に必ずチェック!

画像

高速バスの事故が起きる原因は?

 

高速バスの事故がたびたびニュースで報じられています。

 

数年前には、高速道路で運転を誤った高速バスが側壁に衝突して、大事故を起こしたこともあります。

 

こうした事故を知った方の中には、高速バスに乗ることをためらってしまう人もいるでしょう。

 

ましてや、それが夜間に走行することになると、なおさらのことです。

 

しかし、事故を起こす高速バスには、共通の特徴があります。

 

それは、乗客の安全より利益を優先していたため、運転手に無理な運転を強いていたということです。

 

24時間以上の連続勤務は当たり前、体調が悪くても、バス会社がそれを見過ごして勤務につき、疲労や体調不良が注意力低下や居眠りを招きました。

 

一時期、高速バス会社は規制緩和の影響でその数が増えた一方で、こうしたいい加減な運行を続ける会社も増加していったのです。

 

 

当社おススメの3社の徹底した安全管理は?

 

度重なる高速バスの事故を受けて、法律は厳しい内容に改正されました。

 

走行距離が長くなる路線では、運転手を2名体制にしなくてはならず、車両を他社から借りることも禁じられました。

 

これによって、高速バス事業から撤退する会社が相次ぎ、今では1年前の半分の数になっています。

 

当サイトがおススメしている3つのバス会社では、こうした法律を遵守しているのはもちろんのこと、運転手の健康管理、アルコールチェックを厳重に行っています。

 

車両の整備も完璧に行っているので、安心して予約できる会社と言えます。


 
TOP トイレはどうするの? 予約後の確認! おすすめバス会社